バッテリーケース加工

これはミニキャブのバッテリーケース(o・ω・o)マスキングで加工する場所を決めてパッカーン(´- `*)カットして~下方向に45ミリ延長

ケースの厚みが一ミリなので一ミリの鉄板を45ミリ幅に切り出して四方に溶接していきます(o・ω・o)

厚みが薄いと歪みがすごいので、板金しながら慎重に溶接していきます(o・ω・o)簡単そうに見えて意外と大変な加工ですね(笑)

この加工でサイズの大きなバッテリーが装着可能になります(^3^)/

スペースがあればバイクにも施工可能ですが、バイクはほぼスペース無いので、大容量バッテリー装着と言うよりは移設とか底上げとかに応用できる技です(^3^)/

 

装着が楽しみ(o・ω・o)

 

by F君

カテゴリー

PAGE TOP